• すべての人が、本を好きになるために​

    ー いま、読書の世界で、革命が起きている ー​

  • Active Book Dialogue が未来の扉をあける

    ABDとは何か?

    開発者:竹ノ内壮太郎

    アクティブ・ブック・ダイアローグ(以下略称ABD)は、読書が苦手な人も、本が大好きな人も、短時間で読みたい本を読むことができる全く新しい読書手法です。

    1冊の本を分担して読んでまとめる、発表・共有化する、気づきを深める対話をするというプロセスを通して、著者の伝えようとすることを深く理解でき、能動的な気づきや学びが得られます。

    またグループでの読書と対話によって、一人一人の能動的な読書体験を掛け合わせることで学びはさらに深まり、新たな関係性が育まれてくる可能性も広がります。ABDという、一人一人が内発的動機に基づいた読書を通して、より良いステップを踏んでいくことを切に願っております。

    ABDが世界を変えるかも!?

    体験者:嘉村 賢州

    NPO法人場とつながりラボhome's vi代表理事

    私の団体の応援者でもある竹ノ内さんからこの読書会のやり方を教えてもらった時、「これは世界を変えるかも」と強く感じました。私はファシリテーターとして、対話や学びの場を数多く作ってきましたが、読書会の運営に難しさを感じていました。事前に本を読んできてもらう方法は、読んで来ない人がいるし、その場で輪読する方法は時間がかかるし、誰かが発表する形式も物足りなく感じていました。

    その中で、このABDという読書会は大変優れていました。「本が1冊あれば、誰もが深い学ぶことができる場が生まれる」ことは地方の教育格差を埋めたり、学校の授業スタイルを大きく変えたり、同じ興味を持つ人たちが学び合うコミュニティが生まれるなど、大きく社会構造を変える可能性を感じました。とにかくまずは体験してみてください。その可能性に驚くはずです。

    本は歴史が誕生して以来、人類が蓄積してきた英知の集合体です。活字が得意な人だけでなく、あらゆる人がその叡智にふれ、語り合い、学ぶことができれば、その先どんな未来が待っているでしょうか。その未来の姿にとてもワクワクしています。

    無料マニュアルのダウンロードページは下記にあります。

  • ABDの8つの魅力紹介

    1.短時間で読書が可能

    短時間で読書ができて、著者の想いや内容を深く理解できるので、本を積ん読している方にはピッタリです。

    2.サマリーが残る

    ABD後にサマリーが残るので、見直して復習したり、本を読んでいない人にも要点を伝えやすくなります。

    3.記憶の定着率の高さ

    発表を意識してインプットしてまとめた後、すぐにアウトプットをして意見交換をするので、深く記憶に定着します。

    4.深い気づきと創発

    多様な人どうし、それぞれの疑問や感想をもって対話することで、深い学びの創発が生まれます。

    5.個人の多面的成長

    集中力、要約力、発表力、コミュニケーション力、対話力など、今の時代に必要なリーダーシップを同時に磨けます。

    6.共通言語が生まれる

    同じメンバーで行うことで、同じレベルの知識を共有できるため、共通言語を作ることができます。

    7.コミュニティ作り

    本が1冊あれば仲間との対話や場を作れるので、気軽なコミュニティ作りに最適です。

    8.何より楽しい!

    本を読んで感動したり学んだ熱量をその場ですぐに共有できるので、豊かな学びが生まれ、何より読書が楽しくなります。

  • ABDの開催カレンダー

    ここでは、各地で行なわれているABD読書法を使ったイベント開催情報を

    掲載しています。希望者は下記の連絡先までお問い合わせください。

  • ABDの進め方の流れ

    ここでは、ABDの基本的な流れを簡単にご紹介します。

    より詳しい内容は、下記の無料マニュアルをご覧ください。

    1.オープニング

    「チェックイン」

    開催にあたって、集まった参加者で小グループに分かれて、それぞれの今の気持ちを共有します。

    「オリエンテーション」

    ABD の紹介や、その日の全体の流れを説明します。

    2.メイン

    .⑴「コ・サマライズ」

    本を持ちよるか1冊の本を裁断し、担当パートでわりふり、各自でパートごとに読み、要約文を作ります。

    「リレー・プレゼン」

    リレー形式で各自が要約文をプレゼンします。

    「ダイアログ」

    問いを立てて、感想や疑問について話しあい、深めます。

    3.エンディング

    「チェックアウト」

    全体を通した感想を参加者どうしで共有し、会を終了します。

  • 詳しい無料マニュアルを配布します

    このマニュアルは、「ABDを通じて、より多くの人たちの学びや読書が良いものになってほしい」という開発者の想いに共感した有志メンバーにより、さらに細かくABDの進め方の解説や準備物、過去の実践事例をまとめたものです。この想いに共感して頂いたり、可能性を感じて頂けた方は、ぜひ普及活動にご協力いただければ幸いです。

  • ABDの活用シーン

    学校の授業で

    「アクティブ・ラーニング」の参加型授業を行うには、本が1冊あれば実施可能です。

    会社の社内研修で

    社員間で短期間で共通言語づくりやビジョン共有ができるので、大変有効です。

    お友達との勉強会で

    共通の関心テーマで、毎回本を持ち寄るなど、その場で読んで話せるので楽しいですよ。

    ゼミや自主勉強会で

    難しいデータや難解な専門書の読み込みなど、ページ数の多い本では効果を発揮します。

    書店や図書館で

    書店や図書館などで、新刊や話題のビジネス書を読む企画などに使うと良いでしょう。

  • ABDを体験した方の声

    30代女性

    1冊の本をみんなで読んで、熱が冷めないうちにすぐに共有できるのがいいですね。本に出てくる言葉で話せるので、普段よりも深いレベルで話せました!

    30代男性

    事前準備なく、当日できるのがいいですね。「ちゃんと伝えなきゃ」と他者への発表を意識して読むので、あんなに集中して読んだのは、受験勉強の時以来だったかも。笑 

    40代女性

    読書は苦手なんですが、難しいと思っていた業界データを読めてすごく感動しました。難しい本であればあるほど、ABDは効果を発揮する気がします。

    20代男性

    本の全貌が徐々にわかるのが、まるで推理小説みたいでした。一人で読むより、友達みんなでワイワイ読めたのが、何より楽かったです!

  • 企画・お問い合わせ

     

    アクティブ・ブック・ダイアログ協会準備室

    (事務局:NPO法人場とつながりラボhome's vi

    住所:京都府京都市上京区挽木町518

    TEL / FAX : 075-205-1534